東京都

渡辺省亭 欧米を魅了した花鳥画(東京展)

公式サイト

明治から大正にかけて活躍した渡辺省亭の全貌を明らかにするはじめての展覧会。省亭は明治11(1878)年の万博を機にパリに渡り、ドガをはじめ印象派の画家たちと交流した経験を持つ。繊細で洒脱な花鳥画は、その後、万博への出品やロンドンでの個展などにより海外で高い評価を得る。一方、国内では、迎賓館赤坂離宮の七宝額原画を描くなどその実力は認められながらも、明治30年代以降は次第に中央画壇から離れて市井の画家を貫いたため、展覧会で紹介される機会が少なくなった。 この展覧会では、海外からの里帰り作品を含め、これまで知られていなかった個人コレクションを中心に、省亭の全画業を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る