福岡県

デビュー50周年記念 諸星大二郎展 異界への扉(福岡展)

日本中に多数の熱狂的なファンをもち、クリエイターから異分野の研究者まで、あらゆる方面から絶大な支持を誇る漫画家・諸星大二郎。その作風は、『生物都市』や『夢みる機械』(1974)などのSF的なものから、『妖怪ハンター』シリーズ(1974~)にみられる民俗学・考古学的な視点を持った作品、『マッドメン』(1975~82)など人類学的な考察とスケールを持った作品、『暗黒神話』(1976)などの記紀神話を基に大胆な世界観を披露した作品、『西遊妖猿伝』(1983~)『諸怪志異』(1984~2011)など東洋文学・思想から影響が見られる作品、『私家版鳥類図譜』(2000~03)『私家版魚類図譜』(2004~06)など博物学的な視点を感じさせる作品、『栞と紙魚子』シリーズ(1995~)のように様々な要素を盛り込みながら日常をテーマにした作品まで、幅広いジャンルに渡る。誰にも真似をすることができないといわれる諸星ならではの絵柄と相まって、どの作品においても独特の世界を築き上げている。
本展では、諸星大二郎のデビュー50周年を記念し、代表作の原画約350点を中心に、作品世界に関わりの深い美術作品や歴史・民俗資料などをあわせて展示。読む者を「異界」へと導く魅力の原点へと迫る。

開催概要

直前の記事

「萬画の国・いしのまき」石ノ森萬画館第81回特別企画展 少年アシベ展 ~森下裕美の世界~

『少年アシベ』は漫画家・森下裕美先生によって1988年から1994年まで『週刊ヤングジャンプ』で連載されたコメディ漫画。ゴマフアザラシの赤ちゃん・ゴマちゃんと、小学生の少年・芦屋アシベたちのほのぼのした交流を描き、199

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る