新潟県

Viva Video! 久保田成子展(新潟展)

新潟県立近代美術館では、新潟県西蒲原郡巻町(現・新潟市西蒲区)に生まれ、国際的に活躍した久保田成子(1937~2015)の没後初、日本では約30年ぶりの大規模な個展を開催する。映像と彫刻を組み合わせた「ヴィデオ彫刻」で知られる久保田は、ヴィデオ・アートの先駆者の一人とみなされている。しかしながら、彼女の現代美術への貢献は、十分に評価されているとはいえない。
本展の目的は、ニューヨークを拠点に日本人女性アーティストとして活動した久保田成子について、最新研究に基づいた新たな作家像を提示することにある。2015年に彼女が亡くなった直後、その遺産を保護し、さらに発展させるために、久保田成子ヴィデオ・アート財団がニューヨークに設立された。財団の全面的協力によって開催される本展では、復元されたヴィデオ彫刻のほか、作家によって保管されていたドローイング、資料などを中心に、国内美術館の所蔵品や作家の遺族からの借用品を含め、初公開資料を多数展示する。
ヴィデオというメディアの黎明期に、世界を舞台に自らの芸術を展開する一人の女性作家として、何を考え、どのように表現を追求したのか。新潟を皮切りに、約1年をかけて全国3カ所の美術館を巡回する本展では、代表作「デュシャンピアナ」シリーズをはじめ、ヴィデオ彫刻、映像作品、それらのためのスケッチやアーカイヴ資料などにより、久保田の仕事を展覧する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る