東京都

サントリー美術館 開館60周年記念展 ミネアポリス美術館 日本絵画の名品(東京展)

アメリカ中西部ミネソタ州最大の都市ミネアポリスに設立されたミネアポリス美術館(Minneapolis Institute of Art 通称Mia〈ミア〉)は、1883年にミネアポリスの市民や実業家が美術協会を設立したことに始まる。現在では、世界各地の約9万点を超える美術作品を所蔵しており、そのうち、日本絵画のコレクションは、約2,500点の浮世絵をはじめ、質・量ともに国際的にも高い評価を得ている。近年でも在米の美術愛好家から多くの日本絵画・工芸が寄贈されるなど、今なお進化し続けるコレクションである。
本展は、Miaの日本美術コレクションの中から、中世から近代にいたる日本絵画の変遷を選りすぐりの優品で紹介。水墨画・狩野派・やまと絵・琳派・浮世絵・文人画(南画)・奇想派・近代絵画というように、江戸絵画を中心に日本絵画史の主要ジャンルをほぼ網羅するラインナップで、初の里帰り作品を含む貴重な機会となる。展示室を訪れれば、きっとイチオシの絵師〈推し絵師〉に出会えるはずだ。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る