京都府

栖鳳の時代 ~匂いまで描く

竹内栖鳳(1864~1942)は、伝統文化を千年以上に渡って育んできた街・京都が生んだ日本画の天才。 幕末に起きた戦火で中心地が焼け野原と化したことに加え、天皇が江戸へ居を移したことにより、明治維新頃の京都は荒廃していた。そんな時勢のなか生まれ育った栖鳳は、まず江戸時代から続く日本画の技法の中でも主流であった四条派の絵を学んだ。その後、円山派や狩野派、南画など他の伝統的な画風をも身につけ、さらにはターナーやコローなど、当時最新の西洋画や写真の要素までも貪欲に取り入れる。また栖鳳が目指したのは、「省筆」という描き方。それは対象の全てを丹念に写し取るのではなく、選び抜かれた筆の跡のみ画面に残すというもの。画面上にとられた余白は人々の想像力に訴えかけ、栖鳳が生涯愛した俳句の世界に通じるものがあった。
本展では、匂いや音・湿気までもが感じられると言われ、一世を風靡した栖鳳の動物画と風景画の大作をはじめ、師匠の幸野楳嶺(1844~1895)や四天王と称された同輩たち、個性豊かな教え子らの作品も紹介。かつてアトリエがあったここ嵐山で、栖鳳たちが駆け抜けた時代の息吹を感じてほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る