東京都

マーク・マンダース —マーク・マンダースの不在

現代のアートシーンに独自の位置を占める作家、マーク・マンダースの国内美術館では初となる個展を開催する。
マンダースは、1968年オランダのフォルケル生まれ。現在はベルギーのロンセにスタジオを構えている。1986年、18歳のときに、自伝執筆の試みを契機に得たと言う「建物としての自画像」という構想に沿って、以降30年以上にわたって一貫した制作を続けている。その構想とは、自身が架空の芸術家として名付けた、「マーク・マンダース」という人物の自画像を「建物」の枠組みを用いて構築するというもの。その建物の部屋に置くための彫刻やオブジェを次々と生み出しインスタレーションとして展開することで、作品の配置全体によって人の像を構築するという、きわめて大きな、そしてユニークな枠組みをもつ世界を展開している。この虚構的な枠組みをベースとして類のないビジョンを示す独創的な作品世界は、彫刻の概念を掘り下げる個々の作品の質とあいまって、世界的に高い評価を受けてきた。本展は、作家本人の構想により、展示の全体を一つの作品=想像の建物のインスタレ―ションとして構成するものであり、マーク・マンダースの作品を十分に堪能できるきわめて貴重な機会となる。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る