静岡県

みほとけのキセキ —遠州・三河の寺宝展—

かつて遠江国に属した浜松市、袋井市、湖西市と、三河国に属した豊橋市は、浜名湖を中心とした文化的なつながりを形成してきた。都から伝播した仏教文化もこの地域に根付き、現在も平安時代から鎌倉時代、南北朝時代に制作された優れた仏像が残っている。
本展では、重要文化財を含む遠州・三河地方の仏像を中心に、貴重な文化財を一堂に展示する。静岡・愛知の県境を跨ぐ地域に焦点を当てた初の仏像展となる。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る