大阪府

巨匠の愛した北斎、広重

19世紀後半、ヨーロッパの芸術家たちはルネサンス以降、新しい時代をどう表現するか模索していた。それまでヨーロッパでは見たままを写実的に描くことが重要とされていた。しかし浮世絵の近景と遠景が極端な「大胆な構図」、背景・影・線などを「省略した美しさ」は、当時の常識を覆す全く新しい芸術…、まさに求めていたものだったのだ。ゴッホやモネ、ドガやゴーギャンなど巨匠と呼ばれる名だたる芸術家たちが浮世絵を愛し、浮世絵から影響を受けたと言われている。
本展では、世界に衝撃を与えた葛飾北斎・歌川広重の作品を中心に約60点の浮世絵版画を展示。浮世絵師たちが趣向を凝らして描きあげ、 名も無き彫師・摺師が手がけた浮世絵版画、世界の芸術家たちに愛された浮世絵版画を間近でじっくりと楽しめる。

開催概要

直前の記事

no image

上村淳之米寿記念Ⅱ 上村松園・松篁・淳之三代展 -鳥たちに魅せられて-

日本画家、上村淳之が米寿を迎える事を記念して、淳之作品を中心に松園、松篁の作品と共に展示する。 花鳥画の第一人者、上村淳之は日本画家である祖母・上村松園、父・上村松篁の身近な薫陶の下に、独自の画業を築き、70年に及ぶ制作

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る