香川県

まみえる 千変万化な顔たち

目、鼻、耳、口といった感覚器官が集まる「顔」。皮膚も含めると、視覚や聴覚などの五感全てを受け取る部分である。この顔を通して、私たちは相手を特定し、その心の中を探りながらコミュニケーションを取り、社会生活を送っている。
コロナ禍では、自分も相手もマスクをつけ、顔が見えにくい日常が続いている。けれども、そもそも私たちは相手の顔をどこまで見ているのだろうか。あるいは、自分の顔は相手にどのように映っているのか。
本展では、この捉えがたい顔というものに焦点を当て、「私とあなた」「関わりの顔」「顔にあそぶ」という3つのアプローチから、10人の芸術家による表現を紹介する。時代もジャンルも異なる、多様な顔との出会える展覧会。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る