長崎県

深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」(長崎展)

金魚に魅せられ、創作を続ける現代美術家の深堀隆介。透明樹脂にアクリル絵の具で金魚を断面的に描き、何層も重ねることで本物と見まごうリアルな姿を作り出す。ヒレの薄さやウロコの透明感、水の流れまで感じさせる超絶技巧。絵画でありながら圧倒的な立体感を生む斬新な手法は『2.5D ペインティング(積層絵画)』と呼ばれ、世界的にも高い評価を得ている。酒桝や碗、机の引き出しの中など、自由な空間に漂う、永遠の命を宿した“深堀金魚”。長崎会場では、オリジナルの構成で新作を含む約300点を紹介。縁日の屋台を再現した新作インスタレーションに挑む。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る