東京都

電線絵画展-小林清親から山口晃まで-

街に縦横無尽に走る『電線』は美的景観を損ねるものと忌み嫌われ、誰しもが地中化されスッキリと見通しのよい青空広がる街並みに憧れを抱くことは否めない。しかし、そうした雑然感は私たちにとっては幼いころから慣れ親しんだ故郷や都市の飾らない、そのままの風景であり、ノスタルジーと共に刻み込まれている景観である。
本展は明治初期から現代に至るまでの電線、電柱が果たした役割と各時代ごとに絵画化された作品の意図を検証し、読み解いていこうとするもの。文明開化の誇り高き象徴である電信柱を堂々、画面中央に据える小林清親、東京が拡大していく証として電柱を描いた岸田劉生、モダン都市のシンボルとしてキャンバスに架線を走らせる小絲源太郎、電線と架線の交差に幻想を見出した“ミスター電線風景”朝井閑右衛門。一方で、日本古来よりの陶磁器産業から生まれた碍子がいしには造形美を発見することができる。
電線、電柱を通して、近代都市・東京を新たな視点で見つめなおす展覧会。

開催概要

直前の記事

胡蝶舞う浄土

経巻を紐解くと、見返しには蝶と迦陵頻伽(極楽浄土に住むという鳥)に仮装した二人の童子が舞い、濃紺の料紙に金泥で書写された経文は、夜空の星のような輝きを放つ。美麗な装束をまとう童子の豊かな頬は赤らみ、足元の銀の輝きは二人に

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る