茨城県

3.11とアーティスト:10年目の想像

2021年3月、東日本大震災から10年目を迎える。
当時自らも罹災し、臨時の避難所となった同館では、2012年に展覧会「3.11とアーティスト:進行形の記録」を開催した。同展では震災を受けてアーティストが行ったさまざまな活動を、芸術であるか否かを問わず、時間軸に沿って紹介。大規模な災害を経験したばかりの頃、アートの意味や役割が問い直されるさなか、アーティストらがとった行動の大半は、支援と記録を主眼に置いたものだった。
あれから10年。アーティストたちは今や「作品」を通してあの厄災に応答している。
本展では「想像力の喚起」という芸術の本質に改めて着目し、東日本大震災がもはや「過去」となりつつある今、あの厄災と私たちをつなぎ直し、あのとき幼かった世代へ、10年目の私たちへ、そして後世へと語り継ごうとする作品群を紹介する。
なぜなら、東日本大震災が露わにした問題の一つは、私たちの「想像力の欠如」だったからだ。しかし、ものごとを想像する/させることは、そもそも芸術の仕事の一つではなかっただろうか。

開催概要

直前の記事

絵画が紡ぐ物語

コレクター上原昭二が半世紀以上をかけて集めた絵画コレクションには、画家たちのユニークな物語やエピソードをもつ作品が集まっている。それらの中には、作家同士の交流が育んだ作品だけでなく、過去や同時代の作品との出会いによって制

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る