北海道

札幌美術展 アフターダーク

地平線に太陽が没し、地上に闇が降りる頃、すべてのものに等しく「夜」は訪れる。
深い闇がもたらす孤独や恐怖を乗り越えるため、人類は原始よりさまざまな文明や文化を生み出してきた。
私室で憩う人々と、その対岸で厳しい自然を生きる野生動物たち。覚醒と睡眠。生と死。夜空に輝く星々と、歓楽街のネオン———夜をめぐるさまざまな営為は、アーティストたちの創造の源泉でもある。
本展では、北海道・札幌ゆかりの多彩なジャンルのアーティスト11組の作品を通じ、日没後〈after dark〉に生まれゆく表現の可能性を探る。

開催概要

直前の記事

美術館ノートpage.2 冬のおぶせミュージアム・中島千波館―収蔵品展―

おぶせミュージアム収蔵作品の中から「美術館ノート」第2弾として 中島千波、清之の作品をはじめ、金属造形作家の春山文典の新収蔵作品、過去のShinPA展の出品作家など美術館の秀作また新収蔵作品を中心に紹介する。

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る