岐阜県

アーティスト・イン・ミュージアム AiM Vol.9 三宅砂織

9回目となる「アーティスト・イン・ミュージアム」では、岐阜県出身のアーティスト・三宅砂織が滞在制作を行う。
三宅はこれまで、カメラを使わない写真技術といわれるフォトグラムの手法を用いた作品制作を行ってきた。既存の写真や印刷物をもとに描き、写真印画紙へ感光し再表出させることで生まれる作品は、それらのイメージが含みこむ物語や歴史的背景をも表出する。近年は映像作品や、制作に用いた品々を展示に組み込んだ表現にも取り組んでいる。
今回は岐阜県の風土や歴史、文化に改めて触れ、そこで出会ったものを作品制作に落とし込む。

開催概要

直前の記事

特別展「多層世界の中のもうひとつのミュージアム——ハイパーICCへようこそ」

近年「ミラーワールド」「デジタルツイン」「コモングラウンド」などの概念がさまざまなシーンで取り上げられるようになっている。これらの言葉はどれも、通信やコンピュータ処理の高速化などを背景に、実空間と対応関係をもつ、高精度な

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る