大阪府

物語の中へ―源氏と伊勢―

所蔵品の中から、平安時代の古典文学の双璧をなすと称される『源氏物語』と『伊勢物語』に関する作品を選び展示する。この二つの物語は、それぞれ書写され、あるいは印刷されることによって、長く読み継がれてきた。それに加えて、物語のさまざまな場面が、時代ごとに特色をもつ表現形式や意匠によって絵画化されてきたことにより、物語の享受層を広げ、物語の鑑賞を豊かなものにする役割を果たしてきたといえる。
本展では、『源氏物語』と『伊勢物語』をそれぞれに題材にして制作された、屏風や色紙、扇面、版本、浮世絵版画、かるた等、多彩な作品を展示。物語の中へ誘われ、その魅力に満ちた世界が堪能できる。

開催概要

直前の記事

特別展 尾張徳川家の雛まつり

3月3日の桃の節供に、女の子の健やかな成長と幸せを願う華やかな雛まつりは、尾張徳川家でも大切な年中行事のひとつだった。江戸時代から伝来する雛飾りや、明治から昭和にいたる尾張徳川家三世代の当主夫人たちの、高さ2メートル・間

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る