岡山県

開館10周年記念 佐竹徳展

佐竹徳(1897~1998年、大阪府出身)は20歳(1917年)の時に第11回文展に初入選して以降、帝展、新文展、日展などに出品を続け、中央画壇で活躍した。62歳(1959年)の時に初めて牛窓オリーブ園を訪れ、オリーブの緑と赤土に心惹かれたことで、それから40年近く牛窓で作品を描き続けた。
本展では、10周年をむかえた瀬戸内市立美術館のコレクションの柱である佐竹徳の作品から油彩画の大作を中心に展示するとともに、1940年代以降の風景画、静物画、人物画からその画業をたどる。

開催概要

直前の記事

大分県立美術館 開館5周年記念事業 びじゅチューン!✕OPAM なりきり美術館

OPAMにNHK Eテレ『びじゅチューン!』がやってくる! 「見返り美人図」や「麗子微笑」「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」など、『びじゅチューン!』で歌になった美術作品の複製や映像を使った体験展示を行う。キーワードは「なり

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る