島根県

菊竹清訓 山陰と建築

菊竹清訓(1928-2011)は、《島根県立美術館》(1998)の設計を手がけた戦後の日本を代表する建築家。
自邸《スカイハウス》(1958)、《出雲大社庁の舎》(1963)といった作品や、建築運動「メタボリズム」などによって、国際的にも高い評価を受けている。島根県では、知事も務めた第23代田部長右衛門との関係から、同館の前身である《島根県立博物館》(1958)をはじめ多くの建築を設計した。
菊竹清訓の没後10年に開催される本展では、菊竹による山陰地方の建築に加え、代表的な作品や、生涯を通じて取り組んだ未来都市の構想を紹介し、菊竹建築の魅力を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る