東京都

時計物語

一昔前、腕時計は大人のステータスと言われたが、近年の若い人はスマホを持っているからと、時計を持つ人が減ってきたという。とはいうものの、私たちの生活は時間によって動き、時間に縛られていると感じることも少なくない。形は変われど、時計は切っても切り離せないものなのだろう。
郵便は創業時から常に時間との戦いだった。いかに正確な時間に収集し、運び、配達するか。郵便局には当時珍しかった時計が設置され、配達をする人たちにも懐中時計が貸与された。
2020年は時の記念日が制定されて100周年を迎えた。そこで、時を刻むということの大切さ、重要さを伝えるとともに、郵便と時計の関わりを紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る