東京都

筆魂 線の引力・色の魔力 ~又兵衛から北斎・国芳まで

浮世絵といえば版画が連想されるが、絵師が絵筆をふるった一点ものの肉筆画のほうが発生は古く、複雑で奥深い彩色技法や、描き手の筆づかいを直接感じることができる。本展では、浮世絵の先駆とされる岩佐又兵衛をはじめ、浮世絵の始祖である菱川師宣、喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川国芳などの60人に及ぶ浮世絵師の肉筆画約125点を展観する。なかには重要文化財、重要美術品、新発見、再発見、初公開作品約40点を含む見どころ満載の展覧会。浮世絵の源流である肉筆画を通して、300年に及ぶ浮世絵の歴史を体感するとともに、それぞれの絵師の巧みな線の引力、色の魔力、そして絵に宿る筆魂を堪能してほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る