東京都

没後30年記念 笠松紫浪 ―最後の新版画

笠松紫浪(1898~1991)は、大正から昭和にかけて活躍した絵師。鏑木清方に入門して日本画を学び、大正8年(1919)、版元の渡邊庄三郎から新版画を刊行した。その後、昭和7~16年(1932~41)には、モダンな東京の街並みや温泉地の風情を淡い色彩で表現した新版画を数多く制作している。戦後は渡邊庄三郎から離れ、昭和27~34年(1952~59)、芸艸堂から版画作品を刊行した。新版画の初期から関わり、戦後になっても精力的に版画を制作し続けたという意味で、紫浪は「最後の新版画家」であるといえるだろう。
そもそも新版画とは、大正から昭和にかけて、絵師、彫師、摺師の協同作業によって制作された木版画のことを指す。版元である渡邊庄三郎が提唱し、さまざまなジャンルの絵師たちによって、新しい時代に見合った版画芸術が次々と生み出されていった。
近年、この新版画に注目が集まっている。風景を得意とした川瀬巴水は根強い人気を誇っているし、可愛らしい鳥を描いた小原古邨は、2年ほど前から突如、脚光を浴びるようになった。また、吉田博は、本展と同時期、上野の東京都美術館にて、没後70年を記念した大規模な展覧会が開催中。
笠松紫浪の画風は、川瀬巴水と類似しているためか、これまでほとんど注目されてこなかった。しかしながら、その淡い色彩による風景は、巴水とは違った、独自の魅力にあふれているといえるだろう。
笠松紫浪は、令和3年(2021)に没後30年を迎える。本展は、それを記念して、紫浪の新版画の全貌を紹介する。渡邊木版画舗から刊行された、大正・昭和前期の新版画をはじめ、戦後、渡邊金次郎や芸艸堂が制作した版画作品など、展示点数は約130点(前期と後期で全点展示替え)というボリュームとなっている。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

旅とアート 巡る・還る

芸術家の着想源として、旅は重要な役割を果たしてきた。彼らが異郷で見聞きすることは創作の糧となり、作品を見る私たちも遠くへと連れていってくれる。一方、新型コロナウイルス感染症の拡大により国内外への移動に制限が課せられる中、

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る