大阪府

特別企画展「大阪の近代化と町 ―水帳から公文書へ―」

本展は、江戸時代の町人身分の共同体であった町が、明治以降の近代化の過程でどのように変化したのかを、土地台帳である水帳や町人間の土地売買に関する書類といった、もともとは町で作成され、町に保管されていた資料などで確認しながら、明らかにしていく。
本展では、明治12年から13年(1879~1880)にかけて町でおきた「水帳における土地所有者名義の切り替え作業(帳切ちょうぎり)が終了すること」、「町が作成した水帳が区役所に「移管」され、公文書となったこと」、「町に町会という議会が導入されたこと」の三つの変化に注目する。
本展では、この一連の変化を町共同体の解体過程と理解し、大阪における近代化の意味について考える。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る