香川県

猪熊弦一郎展 色に注目!ー赤・黄・青から見てみると?ー

私たちは身の回りのものを選ぶときにその色によって判断するなど、色を気にかけてものを見ている。絵画を見る際にも、どんな色で描かれているか、色合いやコントラストなどを追いながら見るのは楽しいものだ。そこには色の美しさへの驚きや、思いもよらない色遣いを発見する喜びがあり、また画家の特徴もあらわれている。
本展では、対象が何であるか関係なく色に注目して見るという、日常生活で自然と身についている方法で、猪熊弦一郎(1902-1993)の絵画を見てみる。猪熊の絵画は豊かな色彩が特徴だが、まずは赤、黄、青の3色を取り上げて「色に注目」する初めの一歩とする。それぞれの色で描かれた作品に始まり、3つの色を自在に組み合わせたもの、さらに他の色も加わったものまでを見るとき、作品との距離がぐっと近づき、色から広がる絵画の世界がきっと開けてくるだろう。

開催概要

直前の記事

早春の展示「中世ものづくり」

草戸千軒町遺跡出土品を中心に、中世の人々が使用した様々な道具や器物を展示する。 これらの品々を観察すると、より優れたものを追求した職人たちの高い技術力を知ることができる。その反面、多くの人々の手に渡るように、安価で大量生

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る