愛媛県

大広重展 ー東海道五拾三次と雪月花 叙情の世界ー(愛媛展)

歌川広重は、言わずと知れた名作「東海道五拾三次」を世に送り出した浮世絵師である。
本展は、歌川広重・不動の名作「東海道五拾三次」と晩年に描いた俯瞰図「五十三次名所図会」の比較展示をはじめ、フランスの後期印象派の画家たち、とくに、フィンセント・ファン・ゴッホを魅了した「名所江戸百景」まで、郷愁と叙情の世界を、四季の雪月花になぞらえて紹介する。また、参考出品として、豊国、国定、英山など、名だたる絵師たちによる雪月花をテーマとした名品を特別展示する。
広重が描いた日本の原風景は、私たち日本人を郷愁へと誘う。

開催概要

直前の記事

唐武と芸術写真の時代

技術的進化によって写真撮影がより手軽になった明治後期、自らの楽しみとして写真を撮り、観賞しようとする人々が現れる。記録という本来の役割よりも、美的な“作品”としての写真を目指したこれらの人々が手本としたのは、絵画の表現で

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る