京都府

特別展 日本の色-吉岡幸雄の仕事と蒐集-

本展は、一昨年秋に急逝した染織史家・吉岡幸雄を追悼し、その業績を回顧する没後初の展覧会。
吉岡幸雄は、京都で江戶時代末期から続く染色工房の五代目当主であり、染織史家でもあった。吉岡は古来の文献をひもとき、伝世の染織遺品をはじめ古今東西の美術工芸を研究して伝統の色彩を求めた。各地に伝わる染料・素材・技術を訪ねて、その保存と復興に努め、社寺の祭祀、古典文学などにみる色彩や装束の再現・復元にも力を尽くした。
本展では、吉岡幸雄の美への憧憬と本質を見極める眼、そしてあくなき探求心によって成し遂げられた仕事と蒐集の軌跡を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る