群馬県

開館3周年記念展「HOME/TOWN」

「村の俺達の狼火をあげよう」——太田生まれの詩人・清水房之丞の詩作「霜害警報」(1930年)の一節をキーワードに、この土地の過去と現在を見つめ、未来を語る場として作り上げた開館記念展「未来への狼火」(2017年)から3年。「まちに創造性をもたらす、知と感性のプラットフォーム」を基本理念に開館した太田市美術館・図書館は、複合施設という特徴と、平田晃久によるユニークな建築構造をいかし、現代美術を軸にしながら文学・歴史までも取り入れた実験的な展覧会を積極的に開催してきた。
本展「HOME/TOWN」は、開館3周年を記念し、改めて風土を見つめ直す企画として、詩人・清水房之丞(1903-1964) 、美術家・片山真理(1987年生まれ)、写真家・吉江淳(1973年生まれ)の三人展として実施するもの。いずれも太田にゆかりをもつ、亡くなって半世紀以上が経つ詩人と、いまを生きる美術家と写真家の作品群は、時代や形式は異なるものの、ここの土地・歴史・生活を真摯に見つめることによって生み出され、表現としての揺るぎない力を持つに至っている。
さて、このたび、同館が三人のアーティストとともに皆さまを誘うのは、川をそのはじまりとする展覧会。
開館記念展にて同館は、太田の由来が「豊かな田んぼ」を意味するという一説から、土・大地へと眼差しを向け、展覧会のディレクションを行った。そして、その肥沃な太田の大地は、北には渡良瀬川、南には利根川が流れ、豊かな川のあいだで挟まれるようにして人びとの生活が営まれている。
こちらからあちらへ。あちらからこちらへ。自身の家を起点にして日々繰り返す移動のなかで、何気なく見つめている、いま・ここ。生活者であり表現者である三人の作品から、改めてわたしたちが生きているこの風土の特性に出遭う場所を作り上げ、享受したいと思う。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る