群馬県

竹久夢二の美人画とモダンデザイン -美しいもの・可愛いもの-

岡山県に生まれた竹久夢二(1884-1934)は、1905(明治38)年、雑誌『中学世界』でコマ絵が第一等入選したことで一躍有名になり、以来、情緒溢れる美人画で一世を風靡した。その一方で、色彩や構成に対し瑞々しい感性の持ち主であった夢二は、デザイナーとして商業デザインの分野でも活躍した。
1914(大正3)年、夢二は日本橋に自らデザインした絵葉書や千代紙、封筒などを販売する「港屋絵草紙店」を開店。それらの商品は、店の売出しチラシにおいて「美しい」「可愛い」という言葉を用いて宣伝され、人々の憧れの的となった。
夢二は群馬ともゆかりが深い作家である。伊香保を度々訪れ、1930(昭和5)年には榛名湖のほとりにアトリエを建て、生活と美術を結ぶことを理念とした「榛名山美術研究所」を構想している。
夢二に焦点を当てた展覧会として、群馬の県立美術館において40年ぶりの開催となる本展では、「夢二式美人」と呼ばれる女性像を描いた肉筆画を紹介するとともに、書籍の装幀、雑誌の表紙や挿絵、絵葉書、楽譜など夢二が手がけたデザインの数々により、大正から昭和にかけてのモダンデザインの様相に着目。さらに書簡などを通して群馬との関わりにも触れる。
豊富な夢二コレクションを有する美術館・記念館・文学館・個人コレクターより借用した約300点を通して、時代を経ても色褪せない、美しく愛らしい魅力に溢れた夢二の作品世界を楽しめる展覧会。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る