東京都

ポーラ ミュージアム アネックス展2021 -主体と客体-

過去に公益財団法人ポーラ美術振興財団での若手芸術家の在外研修に対する助成に採択されたアーティストの作品を展示。ポーラ ミュージアムアネックスでの作品発表を今後の活動に活かしていただきたいという趣旨により開催するものである。同回も昨年に引き続きポーラ美術館館長 木島俊介による監修のもと、前期・後期に分けて合計8名の作家を紹介する。前期となる今回は「主体と客体」をテーマに伊佐治雄悟、石川洋樹、谷本めい、脇田常司の作品を展示(なお、後期は2021年3月18日~4月18日に開催予定)。
公益財団法人ポーラ美術振興財団による若手芸術家の在外研修に対する助成事業は、35歳以下のアーティストを対象に海外での研修を援助し、更に活発な創作活動を奨励しようとするもので、毎年実施されている。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る