大分県

リサ・ラーソン展 創作と出会いをめぐる旅(大分展)

リサ・ラーソンは、スウェーデンを代表する陶芸作家。北欧の豊かな自然の中で創作されたリサ・ラーソンの作品は、素朴で温かみがあり、日本でも多くのファンを魅了している。
本展では、リサ・ラーソンが創作において影響を受けた諸文化や作家たちとの出会いと、そこで培われた彼女の想像豊かな作品を紹介する。初期から近年に至る作品約200点、北欧を代表するデザイナー、スティグ・リンドベリをはじめとする彼女に影響を与えた作家たちの作品約20点を展示。
彼女の創作の旅路をたどり、やさしさあふれる作品の魅力を楽しめる展覧会。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る