東京都

【開幕延期】古九谷・茶陶とめでたい絵画

めでたい絵画を愛でる展覧会。鯉の滝登り図(河鍋暁斎)、三宝猿図(森祖仙)、松鶴図(諸葛監)、孔子鳳凰麒麟図 三幅対(清原雪信)を展示する。陶磁器は、伊万里の初期色絵磁器(古九谷様式)を17件、そして〈木葉天目〉、〈熊川茶碗〉、〈信楽写銹絵楓文水指〉(仁清)など茶陶を8件展示。
今回のImage Projection(鑑賞補助動画)は、〈茶陶2021〉。そのほか、埴輪(女子頭部)2点、アジアの仏教彫刻8点(常設展示作品含む)、そして岡田茂吉作品も展示する。

開催概要

直前の記事

花木にみる 日本美の心

日本の国土は南北に長く、四方が海に囲まれた島国だが、豊かな農耕に適した平野があり、海岸線は微妙に入り組んで、世界のなかでもめずらしい様相を示している。南方からの暖流と北方の寒流が重なり、熱帯的なものと寒帯的なものとが複雑

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る