愛知県

わが青春の上杜会 -昭和を生きた洋画家たち

「大正」から「昭和」への改元は1926年12月25日のこと。翌1927(昭和2)年3月、「昭和」になって初めての春に、東京美術学校(現東京藝術大学)西洋画科を40余名の若者たちが卒業した。「上杜会」は1927年の西洋画科卒業生全員(中途退学者も含む)で結成した級友会である。その名称は彼らの母校がある「上野の杜」に因んでいる。各自の自由な思想を尊重し干渉しない関係性をモットーに、卒業した1927年の9月には、早くも上杜会第1回展を開催。在学中に帝展に初入選を果たした者も多く、おしなべて優秀と当初から評され、戦前には10名以上がヨーロッパ留学を果たした。官展や在野展への参加や結成など、それぞれの道を歩みながら多くは昭和期終盤まで画家として活躍する。のちに文化勲章受章者を3名 (牛島憲之、小磯良平、荻須高徳) 輩出したことも、極めてまれなことである。
1945年に終戦を迎えると、40歳代後半となっていた彼らは混迷する時代に画家としてなすべきことを今一度自らに問い直す。戦後は洋画壇の主軸を担ったり、日本を離れアメリカなど異国に新境地を求めたり、地方の美術振興に尽力したりあるいは画壇から離れ独歩の道を歩んだりした。上杜会展は戦後一時期に中断しましたがほぼ毎年開催され、1994年まで継続した。晩年はますます互いの活動を認め合い、また交友や消息を確認する場として、緩やかながら確かにつながっていた。
彼らの多くは昭和の始まりとともに画家となり、昭和のさなかに生涯を終えた。当時最もアカデミックな美術教育を受けながら、彼らの画業は千差万別である。それらを俯瞰することで、「昭和」という時代における洋画壇の一様と、画家としての彼らの生きざまが立ち現れてくる。「昭和」からすでに31年、平成を隔て昭和に描かれた彼らの作品を改めてみつめることで、本展が令和の時代を見通すヒントとなってほしい。
※会期中一部展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る