岩手県

明治・大正・昭和前期のいわて近代美術

北東北に位置する岩手は、日本近代美術史において西欧彫刻の先駆者・長沼守敬、前衛絵画をけん引した萬鉄五郎、さらには詩情豊かな表現で魅了する松本竣介というように、数々の個性溢れる美術家を輩出してきた。そして今なお、この美術風土のなかで育まれ、触発された美術家たちが活発な活動を続けている。
明治にはいり西欧文化の受容に始まった日本の近代化は、美術においても例外ではなく岩手の地でも胎動し始める。明治の初めに本格的な洋画を学んだ海野三岳を嚆矢として、そこから多くの洋画家が巣立っていった。そして時代とともに表現スタイルも手法も多様化していき、岩手の美術家といっても一言では語れないが、日本画家が極めて少なく洋画が大勢を占めているという地域特性がある。明治から大正、そして昭和へと激動の時代に活動した画家たちの多くは、在京、在郷を問わず美術団体を結成し互いに鼓舞しあった。さらに、新たな造形表現を模索する彼らの姿は、次へと続く世代へ引き継がれていくことになり、戦後、全国に先駆けて設立された県立美術工芸学校に結実することになった。
本展は、明治から昭和の大戦期をめどに、地方で、または中央で活動していた岩手の美術家たちの痕跡を拾い集め、地方美術の歩みを振り返る。

開催概要

直前の記事

異国の景色

画家を志し、住み慣れた土地を離れた若者たちは、そこで目にした光景に何を見い出したのだろうか。自然や街並み、目新しい風物に心を奪われ、創作意欲を大いに高めたことだろう。 本展では、パリの街並みに向き合い制作を続けた佐伯祐三

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る