東京都

千葉正也個展

千葉正也(1980- )は、国内外での展覧会を経てアメリカの公立美術館に作品が所蔵されるなど国際的な評価が高まり、個展を熱望されてきた。
千葉はまず、紙粘土や木片で人型のオブジェを制作、寄せ集めた身の回りの品々とともに周到に配置して仮設の風景を作る。これを、木、金属、プラスチックなどの質感を精巧に描き分ける卓抜なテクニックを駆使して絵画化していく。こうして完成した作品を、自作の簡素な木製スタンドに置いたり、一定時間ごとに作品を入れ替えたりするなど、あらためて現実の空間に展開させることによって、絵画と彫刻の境界を渾然一体化させる。
古今東西の絵画表現のさまざまな達成や成果を誠実に継承しつつ、現代アートの枠組みに対して、絵画という長い歴史をもつメディアを通じて揺さぶり動かそうとする大胆不敵なアプローチは実にユニークで、エキサイティングな鑑賞体験をもたらしてくれることだろう。
本展では、千葉が飼育している亀が展示会場内に現れる。亀の視線でも展覧会を楽しんでみてほしい。

開催概要

直前の記事

「木」と「遊び」美術館

北海道立旭川美術館のコレクションの柱の一つなのが、「木の造形」である。1987年に開催された「はこで考える-あそびの木箱‘87」の出品作品をはじめ、これまで「遊び」をテーマとする楽しい木の作品を収蔵してきた。本展では、こ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る