兵庫県

特別展 関西初公開「至高の小磯良平 大野コレクションのすべて」

大野コレクションの名品による小磯良平展を開催する。1947年に広島に創立された株式会社大野石油店の現会長・大野輝夫氏は、一枚の小磯作品をきっかけとして、長年深い関心をもって小磯作品を収集してこられた。その数は、素描・版画を含めると359点にのぼる。小磯が様式を確立する1930年代後半から晩年の1980年代までの油彩画の数々の名品を含むコレクションは、小磯の画業を再構成するには欠くことのできない日本有数の質を誇っている。
このたび、小磯が生まれた神戸の地で、大野コレクションの名品の数々を関西で初めてまとまって展覧する運びとなった。大野コレクションのすぐれた女性像の数々は、女性の優美さと清らかさを造形した小磯芸術を体現しており、そこに人々に愛され続けている「至高の小磯良平」の世界を見ることができる。
2020年は阪神・淡路大震災から25年の節目にあたる。同社の格別のご厚意によって実現した本展は、大野コレクションの全容と小磯芸術の精華にふれるまたとない展覧会として、皆様へのこの上ない贈りものになると考えている。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る