広島県

特別展「クールベと海 -フランス近代 自然へのまなざし」(広島展)

19世紀フランスで活躍した画家ギュスターヴ・クールベ(1819-1877)は、現実を理想化して表現するそれまでの絵画を否定し、目の前の世界を「あるがまま」に描いたレアリスム(写実主義)の画家として知られている。時の政治や伝統的な美術に激しく反発し、悲惨な労働者の姿を写実的に描いたり、浴女の姿を卑俗的に描くなど、「美しい」ものを表現すべきであった「美術」の概念を大きく変えた。
またクールベは、故郷であるフランシュ=コンテ地方の切りだった山や森、そこに息づく動物たち、フランス北部のノルマンディー地方の海など、厳しい自然の姿を繰り返し描いている。
スイス国境近くの山々に囲まれた小さな町オルナンに生まれたクールベが、初めて海を目にしたのは22歳の時だった。うねる波、どこまでも続く水平線に圧倒され、特に1860年代以降、好んでその情景を描き、当時の人々から賛辞を得た。波のみに肉薄したクールベの作品には、それまでの時代に描かれた物語性や感傷性に富む海とも、後の世代が描いた海水浴の情景を描いた身近な海とも、異なる視点で海が捉えられている。
本展では、クールベの海の絵画を中心として、故郷を描いた風景画や狩猟画、またモネやミレーなど他の画家たちが描いた海を含む65点を展観し、海、そして自然へのまなざしが大きく変わる時代にこの近代絵画の革新者がどのように自然と対峙したかを探る。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る