東京都

川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020

川本喜八郎(1925~2010)と岡本忠成(1932~1990)は、日本のアニメーション映画、とりわけストップモーション撮影による立体アニメーションの分野でそれぞれ類なき功績を残した作家である。両者とも日本でこのジャンルの礎を築いた持永只仁のもとから巣立ったが、二人の歩んだ道は対照的だ。
人形映画の先進国チェコスロヴァキアで学び直した川本は、自らの生み出す端正なキャラクターに魂を吹き込み、生涯を人形に捧げた求道者として、テレビの歴史人形劇や外国との合作にも活路を見出した。一方で子どもたちに照準を合わせた岡本は、平面・立体・半立体を自在に使い分け、木・皮・布・毛糸・紙・粘土など多様な素材をアニメートして、主に教育映画の分野で創造性を発揮した。7歳の差はあったものの誕生日が同じ二人は、よきライバルであり、互いのよき理解者でもあった。
1970年代には、互いの作品上映と人形劇を組み合わせた公演「川本+岡本 パペットアニメーショウ」を共同で企画、6回にわたって開催し大きな話題を集めた。また後年、岡本の他界により制作が中断した『注文の多い料理店』(1991年)を完成に導いたのも、ほかならぬ川本であった。
同館は、フィルムセンター時代の2004年に展覧会「岡本忠成 アニメーションの世界」を企画、また二人の師・持永只仁を顕彰する展覧会も2017年に開催。そして川本の没後10年、岡本の没後30年となる2020年、再びこの分野に光を当て、人形をはじめとする撮影素材や作品制作のための様々な資料を展示し、二人の友情の象徴である「パペットアニメーショウ」の名を冠してその足跡をたどる。

開催概要

直前の記事

静岡市美術館開館10周年記念 中日新聞東海本社40周年記念 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展(静岡展)

世界で最も古い国立博物館の一つ、オランダ・ライデン国立古代博物館は、ヨーロッパの5大エジプト・コレクションで知られている。本展ではその質・量ともに優れた古代エジプト・コレクションより、人や動物のミイラや棺、石碑、貴重なパ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る