奈良県

上村淳之展 「命の声を識る」

自然から学び教えられ、胸中に生命力あふれる世界を体現させる事で生きものたちの確かな世界を捉える。
上村淳之は日本画の在り方が問われる昨今、遙かなる時代から育まれた日本独自の簡潔の美、装飾の美を追求し日本画のあるべき姿を後世に伝えている。
象徴空間と自然との調和、野生への眼差しと洗練された対話。美を感じられて初めて識る世界を堪能してほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る