新潟県

原作出版75周年 きかんしゃトーマス展 ソドー島のなかまたちが教えてくれたこと

世界中の子どもたちに愛されている「きかんしゃトーマス」の原作、『汽車のえほん』シリーズがイギリスで出版されてから75周年。原作者ウィルバート・オードリー牧師は、幼いころ家の近くを走る鉄道を眺めたり蒸気の音を聴いたりしては想像力を膨らませた。鉄道のとりこになった彼が、病をわずらった息子を元気づけようと、即興で語り聞かせたお話が「きかんしゃトーマス」の始まりである。
その後26冊の絵本が出版され、模型による実写アニメーション、さらには現在放映中のCGアニメへとその世界は広がっていった。物語はどれも、作者の鉄道への愛情、子どもたちを楽しませたいという想いにあふれ、またそこには牧師だった彼ならではの道徳的価値観も表現され、「正直」、「努力」、「仲間」といったエッセンスは今のアニメにも受け継がれている。
本展では、日本初公開品を含む約180点の絵本の挿絵原画と、人形劇の撮影に使用されたプロップス(小道具)など、貴重な資料によって原点から現在に至るトーマスたちの世界を紹介。個性豊かな機関車たちが、子どもたちへ、そしてかつて子どもだった大人たちにも原作者のあたたかなメッセージを伝えてくれることだろう。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る