京都府

京の至宝Ⅱ 江里佐代子 截金の世界 ―宙(そら)の輝きを康慧・朋子とともに―

截金師・江里佐代子(1945~2007)は、2002年に截金の人間国宝(重要無形文化財保持者)に認定された。伝統的な京刺繍の老舗に生まれた佐代子は、仏師・江里康慧と結婚。その後、截金技法が途絶えることを危惧していた江里家の意向を汲み、截金の技法を学ぶ。截金は、本来、仏像や仏画を荘厳する技法であり、康慧とともに仏像作品をつくり続けた。また、仏像への荘厳にとどまらず、工芸品に応用したり、京都迎賓館をはじめとした公共施設などの壁面装飾やスクリーンなどの大規模な作品にも取り組んだりと、截金技法の新しい在り方の可能性を追求した。惜しくも急逝した佐代子だったが、技術や精神を途切れさせないように、と娘の截金師・朋子や工房の職人で引き継ぎ、截金作品を作り続けている。
本展では、江里佐代子の作品を中心に、康慧や朋子、工房の職人らによる、いまに繋がる作品を紹介する。截金作品の素晴らしさはもとより、截金技法の存在をより多くの方に知ってもらい、継がれる截金のわざとこころが後世へ伝わる機会となってほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る