広島県

尾道市立美術館コレクション展 -描かれた尾道水道-

尾道市立美術館のコレクションは、昭和55年(1980)の開館に始まり、以来、尾道市名誉市民の洋画家・小林和作の作品を中心に形成されてきた。この小林和作を核に、親交のあった日本画家・森谷南人子、尾道ゆかりの作家で構成されている。
本展は、「描かれた尾道水道」をテーマに、中根寛が描いた大作『尾道眺望』を皮切りに中村琢二、中川一政など有名作家、そして小林和作の制作の秘密を知ることのできる水彩画・日本画・油彩画による尾道風景の連作などを展示する。また、新収蔵品として加わった歌川貞秀「西国名所之内 十六 備後尾の道浄土寺山」にも尾道水道を見ることができる。
その他の新収蔵品として、コロナ禍の中、かわぐちかいじさんが描いた地域振興商品券「チーム尾道 頑張ろう応援商品券」のイラスト原画2点を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る