山形県

オードリー・ヘプバーン 写真展(山形展)

オードリー・ヘプバーン(1929~1993)は1953年、「ローマの休日」で銀幕デビューし、アカデミー主演女優賞を獲得した。その後「ティファニーで朝食を」、「マイ・フェア・レディ」などで、絶大な人気と女優としての確固たる地位を得た。その活躍は映画のみならず、同時代のファッションアイコンとしても注目を集めた。
オードリーが亡くなったのは1993年、すでに四半世紀を経たが、今なおその姿は人々の記憶に焼き付けられ、その妖精のような美貌は輝きを失っていない。本展では、「ファッション」、「映画」、「プライベート」をテーマとした3部構成で展覧。紹介する写真作品は、カリフォルニアのmptv社の全面的な協力を得て、同社が所蔵するオードリーのフォトコレクションから、約150点を厳選した。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る