東京都

練馬区立美術館 開館35周年記念展 35年の35点 コレクションで振り返る練馬区立美術館

練馬区立美術館は2020年10月1日に開館35年を迎えた。同館では、日本の近・現代を中心に2600件余りの作品を所蔵している。コレクション形成の経緯は美術館によって様々だが、同館は展覧会をきっかけとして作品収集がされたり、収集をきっかけとして展覧会を開催したり、という例が多く見られる。
本展では、過去全ての展覧会をチラシ・ポスターなどで紹介し、同時に各年に開催された展覧会の出品作から1点ずつ選んだ35点の所蔵品を展示。1985年の田崎廣助展から1988年の古賀忠雄展、1996年の野見山暁治展、2002年の奥田元宋展、2007年の賛美小舎展、2013年の牧野邦夫展など、練馬区立美術館の歴史をたどりながら美術館の活動をたどる。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る