宮城県

「萬画の国・いしのまき」石ノ森萬画館第79回特別企画展・矢口高雄追悼原画展 釣りキチ三平展

Ⓒ矢口高雄

石ノ森萬画館2代目館長(平成15年から平成20年までの5年間)の矢口高雄先生が、今年画業50周年を迎えた。これを記念し、代表作『釣りキチ三平』に焦点をあてた原画展を開催する。
本展では、主人公の三平くんが幻の巨大魚や未知の怪魚と繰り広げた激闘の名場面の原画と、生命の輝きに満ちた美しいカラー原画を中心に紹介。釣りを通して描かれる、自然の美しさ、厳しさ、命の尊さ、そして人と人との絆の物語には、現代社会に生きる私たちへの大切なメッセージがたくさん含まれている。
卓越した画力で描かれる、自然派釣り漫画の金字塔『釣りキチ三平』の作品世界を堪能できる展覧会。
11月20日、矢口高雄先生が逝去された。逝去を悼み、急遽、追悼展として開催。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る