岐阜県

企画展「二代広重-受け継がれた広重イズム-」

公式サイト

初代広重の没後、門人たちがその名を襲名したが、師の画風を最も忠実に受け継いでいたのは、二代広重といえるだろう。彼が作品を手掛けていた頃は、まさに江戸と明治の狭間だった。移り変わる時代を生きた絵師・二代広重が受け継いだ広重イズムを紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る