NEW 奈良県

特別企画展 文字の魅力・書の美

文字は、思いを人に伝えたり、重要な事柄を後世に伝えたりするためになくてはならないものです。美しく書かれた文字、「書」は古くより鑑賞の対象ともなり、愛でられてきました。また、文字はしばしば絵とともに表され、より深い世界が表現されてきました。本展観では、文字の深い魅力に満ちた文書や書状、写経や写本、書の美しさを究めた墨蹟や古筆、そして文字と絵が麗しく協奏する作品を展示します。 特集陳列では、桃山時代から江戸時代初期に活躍した書の名人で、寛永の三筆と呼ばれる近衛信手、本阿弥光悦、松花堂昭乗の作品を展示します。腕をふるった鑑賞用の書や日常の顔をのぞかせる親しい人への書状には、寛永の三筆それぞれの特色があらわれています。特に鑑賞用の書には、書の個性を巧みに引き立てる装飾がなされた紙(料紙)が用いられており、料紙と書の見事なコラボレーションも見所です。

文字は、思いを人に伝えたり、重要な事柄を後世に伝えたりするためになくてはならないもの。美しく書かれた文字、「書」は古くより鑑賞の対象ともなり、愛でられてきた。また、文字はしばしば絵とともに表され、より深い世界が表現されてきた。本展では、文字の深い魅力に満ちた文書や書状、写経や写本、書の美しさを究めた墨蹟や古筆、そして文字と絵が麗しく協奏する作品を展示する。
特集陳列では、桃山時代から江戸時代初期に活躍した書の名人で、寛永の三筆と呼ばれる近衛信尹、本阿弥光悦、松花堂昭乗の作品を展示。腕をふるった鑑賞用の書や日常の顔をのぞかせる親しい人への書状には、寛永の三筆それぞれの特色があらわれている。とくに鑑賞用の書には、書の個性を巧みに引き立てる装飾がなされた紙(料紙)が用いられており、料紙と書の見事なコラボレーションも見所だ。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る