NEW 東京都

鈴木藏の志野 造化にしたがひて、四時を友とす

志野焼は桃山時代に岐阜県の美濃で生まれたやきもの。暖かみのある釉薬や土の味わい、斬新な意匠は、当時の流行の先端をいくものであり、日本ならではのやきものとして現在でも多くの陶芸家が取り組んでいる。
同地出身の鈴木藏(すずきおさむ、1934年~)もそうした桃山の名品を踏まえつつ自身の志野に挑み続ける作家。焼成に敢えてガス窯を用いるなど試みを重ねた鈴木の作品は、伝統の中に現代性を兼ね備えた志野として評価を高め、1994年には重要無形文化財「志野」の技術保持者に認定されている。本展では、鈴木のライフワークである志野茶碗の新作を中心に構成し、瀬戸黒、黄瀬戸などその作陶の世界を紹介する。

開催概要

直前の記事

NEW

日本のたてもの ―自然素材を活かす伝統の技と知恵 《近代の日本、様式と技術の多様化》

日本の伝統建築は、木・草・土・石など多様な自然素材を優れた造形物へと昇華させたものと言える。本展は、日本の建築を、高い美意識と加工技術を際立たせて縮小表現した建築模型、図面、道具など貴重な資料の展示を通して、自然素材を活

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る