NEW 東京都

笠間日動美術館コレクション 近代西洋絵画名作展 印象派からエコール・ド・パリまで(東京展)

19世紀後半にフランスで印象派が生まれ、近代絵画は大きな変革期を迎えた。印象派という名称は、移ろう光と影を追い求めたクロード・モネの作品に由来する。当初は否定的に名付けられたものだったが、今日、その名は美術史上の輝かしい名称として私たちに受け入れられている。更に20世紀に入るとアンリ・マティスに代表されるフォーヴィスム(野獣派)など、次々に新しい表現が現れ、フランスはヨーロッパ芸術の中心として確固たる地位を築いていった。
1914年に勃発した第一次世界大戦によってヨーロッパ各地は戦禍に見舞われるが、戦後の復興とともに、芸術の都パリには世界中から多くの芸術家が集まり、エコール・ド・パリと呼ばれる時代が訪れた。モーリス・ユトリロ、マルク・シャガール、そして藤田嗣治。この時代には多くの日本人画家もパリに学び、日本の近代絵画にも大きな影響を与えている。
本展では、茨城県笠間の笠間日動美術館西洋絵画コレクションより、近代西洋絵画の魅力を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る