NEW 長崎県

長崎 美術 往来!-長崎県美術館コレクションから

かつて、いわゆる「鎖国」の時代から海外交流の拠点であった長崎は、明治時代をむかえた後も、海の外からもたらされた西洋や中国の文化と日本文化が混淆した独特の風情をもつ都市として、芸術にかかわる人々を惹きつけてきた。結果として、多くの芸術家たちによって長崎を題材とした作品が生み出され、そして地元の作家たちも、それらに刺激を受けつつ長崎の外へと自らの表現を発信していった。
本展では、同館コレクションから長崎ゆかりの美術作品をいくつかのテーマに沿って紹介する。長崎を舞台に往き交う美術のエネルギッシュで多彩な煌めきを楽しんでほしい。また、数多くの作家の目に映った長崎の姿を見つめることで、私たち自身も複数の時空を旅しながら、長崎の文化的風土を改めて捉え直す機会となるだろう。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る