福岡県

パレスチナ・ガザの画家たち展 囚われのアーティスト

田川市美術館では2017年6月に「上條陽子とパレスチナの子どもたち」展を開催した。
今回は上條氏とのつながりから、「パレスチナのハートアートプロジェクト」に関わりのあるパレスチナ・ガザの画家三人と子どもたちの作品を紹介する。田川の街はパレスチナに相通ずるものがある。過去のことかも知れないが抗い続けた歴史だ。パレスチナ・ガザは高い壁に囲まれている。筑豊田川も然り。壁こそないが陸の孤島と呼ばれていたのは遠い昔の事ではない。
ただ違うのは自由への渇望だ。過酷な境遇の下で暮らしている画家、子どもたちの絵は鮮やかな色彩に溢れ、微塵の悲壮感もない。彼らの作品に直接触れることを手掛かりに、パレスチナについて理解を深め、自由や平和、芸術の意義について考える。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る