NEW 福岡県

没後70年 吉田博展(福岡展)

公式サイト

明治、大正、昭和にかけて風景画の第一人者として活躍した吉田博(1876-1950)。本展では、近年急速に再評価が進み、高い人気を誇る吉田博の木版画を一挙に公開する。
福岡県久留米市に生まれた吉田は、県立中学修猷館(現・修猷館高等学校)の図画教師に見込まれたことで、若き日から洋画の修業に専念し、当時の日本人としては稀な、幾度もの海外経験を通して、己の技に磨きをかけていった。
油彩画や水彩画で頭角を現した吉田が木版画を始めたのは、49歳のことだった。それは、油彩画のタッチや描き方をベースに、水彩画で培った色彩表現や、顔料を自由自在に扱う力を生かしつつ、西洋画に見られる陰影や奥行きを木版画で表現するという前代未聞の挑戦だった。そこで吉田は、分業を主とする伝統的な木版画の制作方法を踏襲しつつも、自身でも彫りや摺りの技術を知り尽くしたうえで彫師や摺師を指揮し、超絶技巧とも呼べる版画作品を次々と発表したのだ。なつかしさの漂う日本的な情景を主題としただけではなく、水の流れや光の移ろいを繊細かつ大胆に表現した彼の木版画は、国内外でも人気を博し、かの故ダイアナ妃にも愛された。このように、伝統的な木版画に新風を吹き込んだ吉田博の作品群は、妥協なき「絵の鬼」がたどり着いた後半生の新境地だった。
没後70年の節目に開催する本展では、木版画約200点とともに、初公開の版木や写生帖も展観する。常に世界に挑み続け、新しい木版画の創造を目指した吉田博の画業を、心ゆくまで楽しんでほしい。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

リニューアル・オープン記念展 Ⅲ 美を結ぶ。美をひらく。 美の交流が生んだ6つの物語

サントリー美術館は、2007年3月、六本木の東京ミッドタウンに移転開館して以来「美を結ぶ。美をひらく。」をミュージアムメッセージに掲げ活動してきた。例えば、古いものと新しいものが時代の枠組みを越えて結びつく。東洋と西洋、

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る