福岡県

没後35年 鴨居玲展 静止した刻(福岡展)

鴨居玲(1928-1985)は石川県金沢市に生まれ、金沢美術工芸専門学校(現・金沢美術工芸大学)で宮本三郎に学んだ。1969年の安井賞受賞で一躍脚光を浴びると制作の拠点をフランスやスペインに移し、老人や酔っ払いに自身の姿を重ねる独自のスタイルを確立。1977年に帰国し、神戸にアトリエを構えてからは、裸婦像の制作に本格的に取り組むなど新たな展開を見せるが、突如57歳で自らの人生に幕を下ろした。
人間の弱さや醜さに目を背けず、ひたすら人間の内面を描き続けた鴨居玲。確かなデッサン力で描かれた老人や酔っ払い、宙に浮かぶ教会やおびただしい数の自画像といった作品の数々は、美醜を超えて人間の極限的なものを私たちに突きつける。
没後35年の節目に開催する本展では、出世作となった安井賞受賞作《静止した刻》や《1982年 私》などの代表作を含む約100点の作品と資料によって「人間とは何か?」を問い続けた画家、鴨居玲の全貌を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る